FC2ブログ

かわいい刺しゅうで初刺繍!

モニター当選です٩( ´ω` )و♪

株式会社デアゴスティーニ・ジャパン様から、
『かわいい刺しゅう』
が届きましたぁあああー!!!!

201808291950280fe.jpg


昔から、刺繍のある洋服が大好きで。
そしていつからか
自分で刺繍できたらいいなぁ~って。
思うようになったのですが、
何をどう始めたら良いのかわからず。
気付いたら思い始めて結構経ってました笑

それで今回の『かわいい刺しゅう』モニター。
応募しないわけがなく!
だって材料もキットも付いてくるから、
何を用意すればいいかわからなくても
全く問題なし(*´∀`*)ポッ
だから当選したときはほんと嬉しくて!
はよ刺したいはよ刺したい!って。

ただ、届いてびっくりというか(笑)
木の丸いthe刺繍な道具(刺繍枠と言うそうです)
は、まさかの3号でした←

20180829195810a74.jpg


デアゴスティーニさんやりよる。
さすがとしか言いようがない。
だってたぶんきっと、
刺繍を始める人はあれ欲しいと思うもん。
それを創刊号に付けないなんて。
さすがのデアゴスティーニさん!!笑

そんなわけで、
思っていたより身軽な装備で
刺繍の世界に突入です⋆*

創刊号の材料とキットはこちら↓

20180829200157015.jpg


手縫い糸に写ってる謎の黒点は、
ビニールの中に入ってたただのゴミです笑
お気になさらず!

さあ!
童話タペストリーのアルファベット枠を
刺繍していきますよ٩( ´ω` )و♪

まずは刺繍糸を約60cmのところでカット。

20180829200623915.jpg


ココ、盛大なるミスが証拠として残ってます笑
刺繍糸を1本だけ引き抜くという。。
私のように勘違いする方がいるかもなので忠告。
ココは、糸の束(6本分)を引っ張って下さい!
私はココではてなマークぴこーんだったので、
QRコードを読み取り動画鑑賞しました( ˙-˙ )
動画はわかりやすくて素敵⋆*
時代の進化、素敵and素敵⋆*

で、こちらが私の記念すべき初刺繍作品!
童話タペストリーのアルファベットO枠です!

20180829224131477.jpg


なかなか良い感じだと思う。
それとやってみて感じたことは、
思ってたより難しくない!
普段からお裁縫をしてるからかな。
まあ、初めてだから時間はかかってるけど(笑)
でも慣れたらスイスイできそう!
『かわいい刺しゅう』の童話タペストリーは
図案がプリントされてるからね、
きっとスイスイいける...はず...( ˘ω˘)願

ちなみにコースターの方はコチラ!

20180829224645699.jpg


達成感たるや!笑
このまま飾りたいくらい綺麗に出来ました⋆*
こちらの刺繍に関しては、
刺す場所さえ把握できれば後は単純作業。
これはこれですごく楽しかったです。
いろいろ作ってみたいなぁ~なんて、
自分の図案を考えながら進めてました(*´∀`*)

で、コースターを仕上げようと思ったら。
二号の説明にアイロンの文字。。
確かにちょいシワが...
一生懸命刺し進めたからシワが...
でも我が家、アイロンないんです_(-ω-`_)⌒)_
なくてもなんとかなるの精神で
ずぅーっとやってきたんだけど、、
そろそろ手に入れるべきかなぁー。

手に入れたらコースターを完成させます!
たぶんアイロンしたほうが綺麗だと思うから。
せっかくだから良い感じに仕上げたい!

なので、これからの課題は
童話タペストリーのアルファベット刺繍!
今のところOの枠だけだからね。
2号では他のアルファベット枠と共に
枠の中も刺繍していきます。

少しずつ、隙あらば刺し進めよ(*´ー`*)
出来上がるのが楽しみ。

最後に。
隔週刊『かわいい刺しゅう』
もし刺繍に興味があって。
だけどなかなか機会がなくて。
どう始めたらいいのかわからない...
何を揃えればいいのかわからない...
左利きだからちゃんとできるか不安...
なんて方にはピッタリだと思います。
創刊号だけでも十分楽しめますよ!
刺繍の世界が自分に向いているのか、
軽い気持ちで試してみるのもありです(*´ー`*)
実際にやってみて実感しましたが、
刺繍糸と針だけでこんなに出来るんだなって。
ただ、左利きの方は少しやりづらさあるかも...
なので持ち手や刺す方向など、試行錯誤しながら
自分なりの方法を見つけるが吉です!

今回、私は挑戦できてよかったです。
だからこそ少し強めにオススメします。


おかげさまで。

趣味が1つ、増えました★!



デアゴスティーニ・ジャパンファンサイト参加中
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)